HOME > CATEGORY - 神前式

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    facebookでシェア

    ブログ主のライブシネマ島田の撮影業務については、へ。主な業務範囲は関東です。結婚式・結婚披露宴・二次会の記録ビデオだけではなく、プロフィール・ビデオや当日の撮って出しライブ・エンド・ロールの作成も扱っています。
    クリックして応援をお願いします。
    人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ

    神前式~撮影する上で

    神前式についての一連の記事で、撮影する上でのポイントについて、独立した記事を書いてませんでした。

    ホテルなどの神殿での神前式の場合、カメラ位置が決められている場合が殆どです。にもかかわらず、キリスト教式でカメラ位置が自由な場合に比べても、神前式は撮りやすいことが多いのです。
    図は、一般的な神前式でのカメラ位置です。
    神前式のカメラ位置
    新郎新婦は当然祭壇の方を向いているので、カメラがお二人を斜め前から撮れることがお分かり頂けるでしょう。しかもキリスト教式のように牧師がずっと前に立っているということもないので、とても明快な映像が撮れるのです。
    ですのでホテルなどで神前式を挙げる時は、「チャペルと違って狭そうだからビデオ撮影を諦めようかな」などとお考えにならないで下さい。神前式は、中に入ることさえ可能であれば、撮りやすいのです。
    ただし新郎新婦が神様の前に立って誓詞奏上や玉串奉奠をされるときは、横から撮らざるを得ません。この場合はカメラを低めにして、顔や手元の玉串が見えやすいように撮ります。

    問題は、神社での挙式で外部業者が全く神殿内に入れない場合です。このときは神殿外のわずかながら見える場所から撮るしかないのですが(それにも許可が要ります)…。
    しかし、参進のところで述べたように参道を歩く姿は見事なので、それだけでもビデオに残されることをお勧めします。

    ビデオカメラマンからひと言
    神社でもホテルでも神殿内で撮らせて頂けるときは、撮影禁止の修祓・祝詞奏上では、こちらも礼をつくしてカメラから目を離し、特に修祓のときは自分もお祓いを受ける気持ちで頭を垂れているようにします。
    また歴史ある神社などでは神殿内に見事な装飾や天井画があったりするので、それらも撮るよう心がけます。

    show&mii
    (∂_∂)「神社での結婚式は外から丸見えなこともあるよな」
    (ё_ё)「真正面から観光客が写真を撮ってたりしてね」
    (∂_∂)「そんなんでも外部業者のビデオや写真は、正面から撮っちゃダメなことがあるの?」
    (ё_ё)「そういう決まりだったらねえ」
    (∂_∂)「ふう~ん…なんか納得いかないけど、仕方ないんだな」

    facebookでシェア

    ブログ主のライブシネマ島田の撮影業務については、へ。主な業務範囲は関東です。結婚式・結婚披露宴・二次会の記録ビデオだけではなく、プロフィール・ビデオや当日の撮って出しライブ・エンド・ロールの作成も扱っています。
    スポンサーサイト
    クリックして応援をお願いします。
    人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ

    神前式~その他の演出

    巫女舞
    神前式のオプション演出(と言ったら不謹慎なのでしょうか…儀式)として、多くの人の頭に浮かぶのが巫女による舞です。
    ひとりで舞う場合も、複数による場合もあります。昭和天皇作の歌による浦安の舞が有名ですが、他の舞が舞われることもあります。なかなか印象深いものなので、御予算によって入れてみることも御検討されたらよいかと思います。

    舞楽奉納
    神社によっては巫女舞ではない舞楽が演じられることもあるようです。
    都内で有名なのが乃木神社の舞楽奉納で、ユニークなお面で舞う様子は華やかさも感じられて素敵です。検索したら、厳島神社での結婚式でも舞楽奉納があるようですね。

    他にも神社によって独特の儀式があるようです。
    例えば神田明神では結び石の儀という、白い石に新郎新婦が署名をする儀式もあるようです。箱根神社で撮影をしたときは、結婚式の最初と最後に号鼓(ごうこ)といって太鼓が力強く打ち鳴らされたのが、心に残っています。

    show&mii
    (∂_∂)「オプションというか、雅楽もCDか生演奏かで値段が変わることもあるらしいね」
    (ё_ё)「神前式の雅楽は、心落ち着いていいものよね」

    facebookでシェア

    ブログ主のライブシネマ島田の撮影業務については、へ。主な業務範囲は関東です。結婚式・結婚披露宴・二次会の記録ビデオだけではなく、プロフィール・ビデオや当日の撮って出しライブ・エンド・ロールの作成も扱っています。
    クリックして応援をお願いします。
    人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ

    神前式~指輪交換、親族代表玉串奉奠、親族盃、斎主挨拶

    指輪交換は現在では、日本の神前式でも多くの場所で行われるようになりました。
    少なくとも私は無い例は、いまちょっと思い出せません。神社でやるからといって玉串のような独特の作法はないので、普通に、落ち着いて行いましょう。
    親族代表玉串奉奠(たまぐしほうてん)は、多くの場合両家のお父様が、先に説明した新郎新婦玉串奉奠と同じことをされます。媒酌人が行うこともあり、その場合は媒酌人玉串奉奠と言います。
    親族盃は親族結盃(しんぞくかためのさかずき)などとも言うように、新郎新婦を含めた親族全員で盃から御神酒を頂くことで、結婚を祝うとともに御両家を強く結ぶものです。
    まず巫女が全員の盃に注ぎ、神主か媒酌人か御親族のどなたかが「おめでとうございます」の発声をし、続いて皆さんで「おめでとうございます」と御唱和して頂きます。飲めない人はもちろん真似だけでいいのです。
    この親族盃を両家代表で行うと書かれていたサイトもありました。私が見たことあるのは全員ばかりですが、神社によって違いがあるのかも知れませんね。
    斎主挨拶(さいしゅあいさつ)は式を執り行った神主が、挨拶をすることです。
    祝福の言葉に続いて、神社のことを簡単に紹介したり、お家や御先祖を大切にと説いたりします。割と簡潔なことが多く、教会式の説教のように長くなる例はあまり見かけません。
    最後に一同退出となって終わりです。たまに新郎新婦が残られて、お名前を書き残す御記帳などをされる場合があります。

    show&mii
    (∂_∂)「神主さんが最後の挨拶の前に、神様に向かってすんごい気合いの入ったお辞儀をしたりするよね」
    (ё_ё)「斎主一拝(さいしゅいっぱい)って言うのよ」

    facebookでシェア

    ブログ主のライブシネマ島田の撮影業務については、へ。主な業務範囲は関東です。結婚式・結婚披露宴・二次会の記録ビデオだけではなく、プロフィール・ビデオや当日の撮って出しライブ・エンド・ロールの作成も扱っています。
    クリックして応援をお願いします。
    人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ

    神前式~三献の儀、誓詞奏上、新郎新婦玉串奉奠

    三献の儀(さんこんのぎ)とは、いわゆる三三九度の盃の儀式のこと。神前式の代表的なイメージですね。
    下から大・中・小と重ねられた盃に注がれる御神酒(おみき)を、上から順に新郎→新婦、新婦→新郎、新郎→新婦の順に飲み干します。それぞれ巫女が1、2、3と柄杓を傾けて注いだのを、1、2、3と傾けて飲むのですが、最初の2回は口をつけるだけで最後の1回で飲むのです。また、お酒が苦手な人は飲む真似だけでいいらしいです。
    誓詞奏上(せいしそうじょう)は、新郎新婦が神前に立って紙に書かれた誓詞すなわち誓いの言葉を読み上げることです。新郎が読み上げて新婦が名前を付け加えることも、新郎新婦が一緒に読み上げることもあります。いずれにせよ、落ち着いてしっかりと読むようにしましょう。
    新郎新婦玉串奉奠(たまぐしほうてん)とは、榊(さかき)の枝で作られた玉串を神様に捧げることです。
    まず根本を右手、先の方を左手で受け取り、根本を手前に回して捧げ持ち、さらに半回転させて先の方を持って、神前に供えます。その後は二礼二拍手一礼(二度お辞儀をして二回手を打って一度お辞儀をする)します。

    ビデオカメラマンからひと言
    三三九度も誓詞奏上もなかなかの見せ場ですが、玉串奉奠で新郎新婦の息がぴったりと合ってると、映像になったときに実に美しく見えます。ここは事前に必ず説明されるところですので、きちんと練習して間違えないようにしましょう!

    show&mii
    (∂_∂)「巫女さんからお酒を注いでもらうなんて、萌えかも…」
    (ё_ё)「何言ってんのよ! それで玉串の作法を忘れたら承知しないからね!」

    facebookでシェア

    ブログ主のライブシネマ島田の撮影業務については、へ。主な業務範囲は関東です。結婚式・結婚披露宴・二次会の記録ビデオだけではなく、プロフィール・ビデオや当日の撮って出しライブ・エンド・ロールの作成も扱っています。
    クリックして応援をお願いします。
    人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ

    神前式~参進、修祓、祝詞奏上

    参進(さんしん)とは、今から結婚式を挙げる新郎新婦が、神主や巫女に続いてしずしずと神殿に向かって歩み進むことです。
    神社の境内では参道を進むわけですが、ホテルなどでは廊下を歩きます。ホテルによっては、神殿の前に綺麗な参道が造られているところもあります。他の方々は先に入っていて新郎新婦だけが進むことも、一同で進むこともあります。
    修祓(しゅばつ)は一同がおはらいを受けること。祝詞奏上(のりとそうじょう)は神主が、結婚式に際して神様に申し上げる言葉をゆるやかに述べ立てることです。
    概して神前式は、神主が「次に修祓」「次に祝詞奏上」と段取りをアナウンスしながら進むので分かりやすく、起立するところ、頭を垂れるところなどは、言われるままにしていていればよいのです。

    祝詞奏上のポイント
    儀式の最初の方で多くの人には何のことやら分からない言葉が述べ立てられるので、神前式は退屈だというイメージを持たせてしまうところです。しかしよく聞けば新郎新婦やその親御さんのお名前が出てきてハッとするところもありますし、続いて二人が良い家庭を築き、家が栄え続けることを願ってたりしますので、何となくでいいから意味を汲み取りながら、その音楽的な声に聞き入るようにしましょう。

    ビデオカメラマンからひと言
    神社によっては(少なくとも外部業者は)神殿内に入ってのビデオ撮影は、禁じられているところもあります。だからといって「ビデオは諦めた」でよいものでしょうか。晴れた日の参道を大きな赤い傘を差してもらった新郎新婦が、雅やかな音楽の中を神妙な面持ちで進む参進は見事な絵になるもので、もしこれだけでも撮ってよいのなら、ぜひともビデオの導入を御検討されたらよいと思います。
    反対に中で撮れる場合であっても、修祓と祝詞奏上は、ほとんどの場合は撮影許可は下りません。外部には公開できない秘儀ということでしょうか。ビデオカメラマンは、次の三献の儀(三三九度の盃)から、ビデオを回すことになります。

    show&mii
    (∂_∂)「修祓って神社って感じだよな! 四角がつながった紙をつけた枝をサッサッて振り払って、身を清めてもらうんでしょ」
    (ё_ё)「あの枝はオオヌサって言うんだけど、大麻って書くんだよ」
    (∂_∂)「マジ!? じゃ、『神前式には大麻を使う』って書いてあっても、ヘンな意味に取っちゃダメだな」
    (ё_ё)「当たり前じゃない!」

    facebookでシェア

    ブログ主のライブシネマ島田の撮影業務については、へ。主な業務範囲は関東です。結婚式・結婚披露宴・二次会の記録ビデオだけではなく、プロフィール・ビデオや当日の撮って出しライブ・エンド・ロールの作成も扱っています。
    クリックして応援をお願いします。
    人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ

    神前式~全体の流れ

    神前式の全体の流れは、およそ以下のようになります。
    あくまで私の経験上の話ですが、神前式ではキリスト教式で教会とホテルなどのチャペル式が違うほどの違いは、ありません。神社でやっても、ホテル内の神殿でやっても、基本的には同じような流れです。
    もちろん神社によって独自のイベントがあったり、細かな違いはあります。しかしキリスト教式のようにチャペル式にはあまり見られない説教が、教会式では最も長いイベントとなったり、根本的に式の性格や雰囲気が変わることはないと思います。

    1.参進
    2. 修祓
    3. 祝詞奏上
    4. 三献の儀
    5. 誓詞奏上
    6. 新郎新婦玉串奉奠
    7. 指輪交換
    8.親族代表玉串奉奠
    9. 親族盃
    10. 斎主挨拶


    多少順番は異なることがありますし、8は媒酌人によることもあります。ですが媒酌人を立てなくなったお式が(少なくとも都内及び近郊では)ほとんどを占めている現在、親族代表となります。また、8に関しては無いこともあるようです。
    悩むのが、上記の「奏上」を「奉上」と書く場合があること。私はビデオの仕上げの際、各イベントに関しては字幕を出すようにしてますが、どうしても分からなくなったら当の神社(あるいはホテル)に電話して伺ってみたりします。

    show&mii
    (∂_∂)「神殿での神前式はいいよなあ。なんつっても、日本古来のものだし」
    (ё_ё)「ところが、100年とちょっとの歴史しかないのよ」
    (∂_∂)「マジで!?」
    (ё_ё)「うん。日本古来の結婚式は、御家庭での祝いの会。祝言(しゅうげん)って言うのよね。家の床の間にふさわしい掛け軸を飾って、三三九度して、仲人さんが『高砂や~』って謡って…いまの神殿での神前式は、1900年に時の皇太子、後の大正天皇の結婚式で始まったものなの」
    (∂_∂)「へぇ~、意外と新しいんだねえ…」

    facebookでシェア

    ブログ主のライブシネマ島田の撮影業務については、へ。主な業務範囲は関東です。結婚式・結婚披露宴・二次会の記録ビデオだけではなく、プロフィール・ビデオや当日の撮って出しライブ・エンド・ロールの作成も扱っています。
    クリックして応援をお願いします。
    人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ
    ページ送り:


    このブログのバナー
    リンク文字列はこちら

    カレンダー
    05 | 2018/06 | 07
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    FC2プロフ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2ブログジャンキー

    「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。