FC2ブログ
    HOME > CATEGORY - 人前式

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    facebookでシェア

    ブログ主のライブシネマ島田の撮影業務については、へ。主な業務範囲は関東です。結婚式・結婚披露宴・二次会の記録ビデオだけではなく、プロフィール・ビデオや当日の撮って出しライブ・エンド・ロールの作成も扱っています。
    クリックして応援をお願いします。
    人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ

    人前式~撮影する上で

    私が人前式を撮影する上でのポイントとしていることをお書きします。

    まずチャペルなどで行われる場合、基本的にキリスト教式で書いたことと同じです。ただし、キリスト教式で押さえるべき大事なポイント、すなわち

    1.入場
    2.誓約(人前式では誓いの言葉)
    3.指輪交換
    4.ベールアップとウェディングキス
    5.退場


    に、人前式では 6.承認の拍手が加わります。皆さんの承認を受けて式が成立するわけですから、ここでは拍手する列席者を撮ることが大切です。条件によって異なりますが、多くの場合は拍手が始まると、全体に見渡すようにカメラをゆったりパン(横に振ること)して、最終的にどちらかの御両親の前で止めます。
    また誓いの言葉については、リハーサル中にチャンスがあれば新郎新婦が手に持って読んでいる時に背後から文面を撮っておくことがあります。そして本番では誓いの言葉を読むお二人を正面から撮り、編集ではその映像に文面を撮った映像を挟み込みます。これによって1カメラで撮っていても、あたかも2カメラで1台はお二人を、もう1台は文面を同時に撮っているように見えるのです。指輪交換時でリハーサル時に手のアップを撮っておいて後で挟み込むのと、同じテクニックですね。

    カメラ位置については、キリスト教式と同様に前方で新郎側につくのがベストポジションになりますが、キリスト教式の説明でお見せした図とは左右逆になることがあります。人前式ではキリスト教式と新郎新婦の立ち位置が逆になることが多いからです。
    なお人前式では牧師がいない分だけ、指輪交換なども手のアップが撮りやすくなります。
    また御客様と同じように席からしか撮れない式場でも、人前式はキリスト教式と違って新郎新婦が多くの時間お客様側を向いているため、かなり良い絵が撮れます。

    披露宴会場で行われるいわゆる宴内人前式の場合は、基本的には披露宴の入場~新郎新婦着席を撮るのと段取り的には変わりません。
    まず扉を開けての入場を正面から撮り、新郎新婦を追って(後ろから追う場合も、やや距離をとって横位置からカメラを振りながら移動して追う場合もあります)、式の行われるメインの舞台である高砂についたのを、斜め前から撮ることになります。
    やっかいなのがその他の演出の項で触れた人の道が作られた時です。
    場合によっては人と人の間を割り込むようにして撮らねばならないことがあります。こういうときは「すいません」と言いたいのですが、言うとカメラに声が入ってしまうため、言えないのです。このブログを読んでる方が人の道で(私に限らず)ビデオカメラマンに割り込まれたときは、どうか心では謝っていると思って下さい。

    ビデオカメラマンからひと言
    人前式に限らず結婚式は編集で時間的にカットするということは、基本的にありません。ブーケを手渡したり手袋をはめるときなど、多少もたついても、そのまま残します。カメラのピント合わせや移動で見苦しい画面が入ったときも、編集で会場の飾り付けの画面を挿入などして、時間の流れはそのまま残すようにしています。

    show&mii
    (∂_∂)「お客さんの方をずっと見ながらできるってのも、人前式の大きなポイントだね」
    (ё_ё)「正面からの姿を見ていてもらえるものね」

    facebookでシェア

    ブログ主のライブシネマ島田の撮影業務については、へ。主な業務範囲は関東です。結婚式・結婚披露宴・二次会の記録ビデオだけではなく、プロフィール・ビデオや当日の撮って出しライブ・エンド・ロールの作成も扱っています。
    スポンサーサイト
    クリックして応援をお願いします。
    人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ

    人前式~その他の演出

    さて人前式のその他の演出について、私が実際に撮影した例から挙げてみましょう。
    まずキリスト教式の「その他の演出」で挙げさせてもらったリングガール、ベールガール、フラワーガール、プレゼントソングなどは、そのまま人前式にも応用できます。
    ユニティ・キャンドルは本来は聖書の記述に基づく儀式だそうですが、宗教的なことを抜きにしても意義深く見えますので、式場と相談の上で取り入れてみるのもいいでしょう。

    人前式独自の演出としてよく見られるものに友人式辞があります。友人代表による祝福のスピーチですが、先に触れたように結婚宣言を兼ねることもあります。
    内容としては、新郎新婦と自分の関係を紹介し、二人の長所を褒めて、式辞なら普通に祝福の言葉で締め、結婚宣言なら「お二人のこれからの幸せを願いつつ、今ここに○○君と□□さんが結婚されたことを宣言いたします!本日は本当におめでとうございます!」みたいな感じでまとめればいいでしょう。式辞に代えて結婚式にふさわしい詩を朗読された例もありました。
    式辞を述べる友人と結婚証明書署名などの立会人を同じ人がやることもありますし、別の人をたてることもあります。
    友人式辞のように新郎新婦に近しい人に重要な役目を果たしてもらうのは、人と人のつながりを大事にした人前式らしさが出てよいものです。

    メッセージガールとも言うべき演出を見たこともあります。
    あらかじめ列席者にお二人へのメッセージカードを書いてもらい、バスケットを持った二人の女の子がバージンロードを歩きながら、それぞれ新郎側・新婦側から集めて、最後にお二人に渡すというものです。
    お子様に活躍してもらう演出は他にも何か考えられそうですね。

    新郎新婦が歩む道に関する演出を二つばかり紹介しましょう。
    ひとつはバージンロード・セレモニーというもので、お二人の親しい人がバージンロードを敷くという演出を見たことがあります。
    もうひとつは人の道ともいうべきもので、宴内人前式で、列席者が左右に立ってお二人の歩く道を作ったことがありました。

    ちょっと変わり種の演出として、新郎新婦がお互いの取扱説明書を読み上げて交換するというものもありました。
    この新郎新婦取扱説明書は、よく披露宴の余興などで友人が作成したものを読み上げるパターンがあります。ですが人前式中の演出として誓いの言葉は真面目要素でまとめ、ユーモア要素を取扱説明書に回すというのもあるのです。念のために余興とバッティングしないように気をつけて下さい。
    内容的には「商品名○○(お名前)、原産地△△県、内容量、優しさ60%、誠実さ20%、お笑い20%…」などと始めて、「本製品の特徴」「使用上の注意」などを挙げていくものです。新婦は新郎に「大事にして欲しい気持ち」新郎は新婦に「理解をしてほしいところ」をうまく盛り込んで下さい。

    これらの他にも人前式には自分たちらしい独自の演出が盛り込めそうですね。いろいろと考えてみて下さい。

    ビデオカメラマンからひと言
    リングボーイ、ベールガール等々、お子様が活躍したときは、必ず「やってみてどうだった?」とカメラを向けて感想を尋ねるようにしています(答えられる年齢であれば…ですが)。男の子の方がシャイで答えてくれなかったり、小さな女の子が無邪気に「楽しかった!」と答えたり、可愛らしい反応が見られます。

    show&mii
    (ё_ё)「取扱説明書もそうだけど、人前式だと普通は披露宴の余興になるようなことを取り入れられるのもいいわね」
    (∂_∂)「自分たちらしい結婚式を作るために、いろいろ考える余地はありそうだね!」

    facebookでシェア

    ブログ主のライブシネマ島田の撮影業務については、へ。主な業務範囲は関東です。結婚式・結婚披露宴・二次会の記録ビデオだけではなく、プロフィール・ビデオや当日の撮って出しライブ・エンド・ロールの作成も扱っています。
    クリックして応援をお願いします。
    人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ

    人前式~ベールアップとウェディング・キス、承認の拍手、結婚宣言、新郎新婦退場

    ベールアップとウェディング・キスについては、キリスト教式で述べたことと変わるところはありませんので、そちらをお読み頂ければ大丈夫でしょう。いままで撮った中で風変わりな例としてはただひとつ、すでに可愛いお子様のいるお二人が、新郎の抱えたお子様に両側からキスをする…というものがありました。もちろん、とても微笑ましいものでした。

    承認の拍手は人前式ならではのものです。司会者が「お二人の結婚を認めて下さる方は、力強い承認の拍手をお願い致します」などと言って、列席者の皆さんが拍手するというもの。変わり種演出としては、拍手の代わりに皆さんでクラッカーを鳴らしたこともあります。

    拍手をうけて、司会者より結婚宣言が行われます。「皆さまからご承認頂いて、いまここでお二人の結婚が成立したことを宣言いたします。○○さん、□□さん、おめでとうございます!」みたいな感じです。
    結婚宣言を司会者以外の友人が立会人として、行ったこともありました。このときは簡単なスピーチがついて、宣言代わりという感じでした。このような友人式辞については、次の項で説明いたします。

    新郎新婦退場もほとんどの場合、キリスト教式と変わることはありません。そちらをお読み下さい。先に説明したように、宴内人前式では退場がなく、そのまま新郎新婦が高砂について披露宴が始まることもあります。

    承認の拍手、結婚宣言のポイント
    このあたりでは新郎新婦はしっかりと前を向いていればよいのです。心の底から皆さんの拍手を受け止めるようにしましょう。おじぎするタイミングなどは、リハーサルで指示されます。

    show&mii
    (∂_∂)「こないだ人前式に出たとき、ちょっと戸惑ったことがあったよ」
    (ё_ё)「なに?」
    (∂_∂)「チャペルで新郎側だったんで、当然のように祭壇に向かって右側に座ったんだ。そしたらスタッフの人が『新郎側は左に』って言ってるわけ。あわてて座り直したんだけど、普通、新郎側は右、新婦側は左じゃね?」
    (ё_ё)「キリスト教式じゃ、そうよね。でも人前式は逆のことが多いよ」
    (∂_∂)「なぜ?」
    (ё_ё)「式のあいだじゅう新郎新婦は神様じゃなくて御客様に向かい合うわけだから、並びが逆になるの。だから、それぞれの御客様も逆に座るわけよ」
    (∂_∂)「おお~、なるほど!」
    (ё_ё)「だからキスやベールアップの写真なんかでも、祭壇に上って撮ってるわけでもないのに新婦が右側にいたら、それだけで人前式の写真だって分かるわけよね」

    facebookでシェア

    ブログ主のライブシネマ島田の撮影業務については、へ。主な業務範囲は関東です。結婚式・結婚披露宴・二次会の記録ビデオだけではなく、プロフィール・ビデオや当日の撮って出しライブ・エンド・ロールの作成も扱っています。
    クリックして応援をお願いします。
    人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ

    人前式~指輪交換、結婚証明書署名

    指輪交換は、基本的にどんな式でもやることは同じです。
    ただ、指輪を誰から手渡されるかが異なるだけで、キリスト教式では牧師か神父、神前式では神主、人前式では式場スタッフ等という違いがあるぐらいです。最初から新郎新婦の手の届くところ(後ろに置かれた演壇とか)にあって自分たちで取っても別に構いません。どちらかの御家族(兄弟姉妹とか)が手渡すというのもいいでしょう。
    キリスト教式のその他の演出で触れたリングボーイリングガールにリングピローを持っててもらって、そこから新郎新婦がそれぞれの指輪を取るという演出もあります。最近撮影したお式ではバスケットの中にリングピローを入れておいて、かわいいリングガールに持っていてもらってました。
    人前式でときおり見かけるリングリレーについても触れておきましょう。よく行われるのは、新郎側・新婦側のそれぞれの席に長いリボンを渡しておき、最後部から指輪を通して列席者の皆さんに前に送ってもらうというものです。最終的には最前列のそれぞれの親御様のところに来るわけで、多くの場合はお母様がリボンから外して新郎新婦に渡す(あるいはリングピローに載せる)…という段取りになります。最初にリボンに通す役目をリングボーイ・リングガールが担うこともあります(というか、この場合はその役目の子をそのように呼ぶわけです)。
    リボンを使わないリングリレーをされる方もいます。私が撮った挙式では、リングピローを新郎新婦それぞれにひとつずつ用意し、列席者が後ろから前へ回しながらお花で飾り付けていく…というものがありました(通常のイメージのリングピローではなく、小さな箱庭?みたいな感じのものでした)。また単純にリングピローを手渡しで回すだけでも、立派なリングリレーでしょう。
    自由な人前式らしく、指輪を交換しない新郎新婦もいらしゃいました。新婦から新郎への指輪はありましたが、新郎は新婦にネックレスをつけてあげました。これはこれで仲が良さそうでいい感じでした。

    結婚証明書署名は、誓いの言葉の直後に来ることも多いです。誓いの言葉の用紙と証明書が一緒になっているからです。もちろん、一緒にしなきゃいけないという決まりはありません。結婚証明書は自分たちで頑張って作ってもいいし、会場側で用意して貰ってもいいし、市販のものを利用するという手もあります(検索したら出てきます)。
    結婚証明書署名は新郎新婦だけで行ってもいいですが、立会人に署名を添えてもらう例もよく見かけます。新郎側・新婦側でそれぞれの親友になってもらうのもいいですし、二人の憧れの御夫婦になってもらうのも素敵です。立会人をサプライズで指名するのも、たまに見かけます。新郎新婦がくじを引いてその場で列席者から選ぶというのもありました(ただし人柄とか関係性は大事なので、出来レースにしちゃって構わないでしょう)。
    人前式は法律上の正式な婚姻届に署名する場合も多いです。お二人が署名をされるだけの場合も、法律上必要な証人にも署名して頂く場合もあります。
    証明書はキリスト教式の場合、牧師が署名されたのを高々と持ち上げたりしますが、人前式ではほとんどの場合、証明書でも婚姻届でも、新郎新婦自らが皆さんに披露します。
    変わり種として、宴内人前式で証明書代わりにケーキにチョコペンで名前を書くというのもありました。披露する時は少し傾けて見せるのですが、その手つきがおっかなびっくりで微笑ましかったです。

    指輪交換のポイント
    リングリレーの際、最終的に直接手渡される場合は、まず新郎が受け取って新婦の指にはめてから、新婦が受け取るようにして下さい。同時に受け取ると、その後、もたつくことになります。

    ビデオカメラマンからひと言
    リングリレーのリボンを指輪が通っていく様子をうまく画面に収められたら、気持ちの良いものです。手続きが多ければ映像になった時に面白いですよ。
    署名した証明書を新郎新婦が皆さんに披露するときは、お顔が隠れないように注意しましょう。

    show&mii
    (ё_ё)「ちゃんとした教会でのキリスト教式じゃ、立会人がいること多いわよね」
    (∂_∂)「ホテルとかの式だと、キリスト教式じゃいなくて、人前式にいることが多くなるわけか。面白いね」

    facebookでシェア

    ブログ主のライブシネマ島田の撮影業務については、へ。主な業務範囲は関東です。結婚式・結婚披露宴・二次会の記録ビデオだけではなく、プロフィール・ビデオや当日の撮って出しライブ・エンド・ロールの作成も扱っています。
    クリックして応援をお願いします。
    人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ

    人前式~誓いの言葉

    人前式の誓いの言葉で最もよく見るのは、お二人が自分たちで用意した言葉を共に読み上げるというものです。
    キリスト教式・神前式に比べると、人前式では真面目要素ユーモア要素を混ぜることができます。
    真面目要素では、以下3点をうまく盛り込むと形になりやすいです。

    1.互いを結婚相手とすること
    2.楽しいときも苦しいときも共に過ごすこと
    3.いつまでも愛し合うこと


    またユーモア要素では、自分たちの弱点をとりこんだりして、微笑ましい感じに仕上げるとうまくいきます。例えば、「衝動買いは控えて」「掃除を面倒くさがらず」「相手の話をよく聞き」等々。
    あるいは趣味の要素やラブラブ要素をうまく取り込むのもいいですね。「年に一度は温泉に連れて行き」「誕生日にはプレゼントを欠かさず」等々です。
    順番としては、「夫のユーモア要素を交えた誓い」→「妻のユーモア要素を交えた誓い」→「二人一緒に真面目要素の誓い」でもいいですし、「真面目要素の誓い」→「夫のユーモア要素を交えた誓い」→「妻のユーモア要素を交えた誓い」→「日付と名前」でもいいです。
    前者の場合、真面目要素の1で挙げた「互いを結婚相手とすること」はユーモア要素のときに言ってしまってもいいです。「私○○は□□を妻とし、酒は飲んでも飲まれぬことを心がけ、□□が髪型を変えたときはすぐに気づいて誉め…」なんて感じですね。
    もちろん誓いの言葉は真面目要素のみにしても構いません。私の撮影した例では、誓いの言葉を真面目に終えた後、新郎新婦がそれぞれ自分の取扱説明書をユーモアたっぷりに読み上げ、相手に渡すというのがありました。新郎新婦取扱説明書に関しては、また後ほど触れていきます。
    長い誓いの言葉を読み上げるのが苦手な場合は、誰かに「○○にお尋ねします。…を誓いますか?」と尋ねてもらって、それぞれが「はい、誓います」と答えるのも手です。尋ねる人は司会者でもいいですし、ここだけ知人に出てきて貰うのもいいでしょう。また、ここだけに限らず立会人という形で特定の知人に進行面でのヘルプをお願いするのも人前式ならではです。立会人の件に関しては、結婚証明書署名や結婚宣言のところで、再度御説明したいと思います。

    誓いの言葉のポイント
    オリジナル文面はなかなか大変かと思います。式場や経験者の友人と相談しながら練り上げて、素敵な言葉を作り上げて下さい。

    ビデオカメラマンからひと言
    人前式の誓いの言葉は祭壇ではなく列席者に向いて読み上げられます。ですからキリスト教式などに比べると遙かにお顔が撮りやすいものです。席からのみの撮影しか許可されない場合なども、大変助かります。しかしながら一点ご注意申し上げると、読むときに用紙をあまり高く上げないようにして下さい。せっかく好条件なのに、お顔が用紙で隠れてしまいます。特に新郎新婦に身長差がある場合、新郎が用紙を近づけすぎると新婦のお顔が隠れてしまうので要注意です。

    show&mii
    (∂_∂)「俺なんて弱点を盛り込むとキリがないなあ。20個ぐらい並べ立てようかな」
    (ё_ё)「ユーモアとふざけ過ぎは違うんだからね!気を付けて!」
    (∂_∂)「あ、ふざけ過ぎも弱点か!」

    facebookでシェア

    ブログ主のライブシネマ島田の撮影業務については、へ。主な業務範囲は関東です。結婚式・結婚披露宴・二次会の記録ビデオだけではなく、プロフィール・ビデオや当日の撮って出しライブ・エンド・ロールの作成も扱っています。
    クリックして応援をお願いします。
    人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ

    人前式~入場

    入場は、キリスト教式と同じようにまず新郎が入場し、次に新婦がお父様と入場し、新郎に引き渡す…という段取りを踏まれる方が、私の見る限り最も多いです。その際、キリスト教式と同様に半歩ずつ踏み出しては足を揃える歩き方をされる場合も、されない場合もあります。
    しかしながら、別に新郎新婦お二人で入場されても構いません。また、新婦が御親戚のお子様と入場された例もあります(そのお子様が直後にリングガールを務められました)。
    人前式の入場でよく見られる演出に、ブーケ・ブートニアがあります。新郎がゲスト(バージンロード側に座っている方々であることが多い)から一輪ずつ花を貰って、最終的に束ねて花束にして、プロポーズの意味で新婦に渡し、新婦からは承諾の意味でそのうち一輪を新郎の胸に挿す…というものです。
    その昔ヨーロッパで男性が野の花を摘んで花束にして求婚し、女性が一輪を男性の襟元に挿して応えた…というのが由来とか。12本のバラによるいわゆるダーズン・ローズが正式と言われますが、こだわらない方もいます。
    新郎が集めた花を束ねるのを、両家のお母様がされることもあります。多くの場合は先に入場した新郎が花束を手に新婦を待つという感じですが、先に新婦が入って新郎が花を集めるのを微笑んで見てることもありました。
    その他にも入場のアイデアは何か思いついたら、(融通の利く会場であれば)どんどん相談してみたらいいと思います。披露宴の再入場で庭からやってきたり、式の前にチャペルに華麗な外車で乗り付けるという演出をする会場もありますが、これらをアレンジして式そのものの入場に応用できないものでしょうか?

    show&mii
    (∂_∂)「もし自由に出来るのなら新郎新婦入場そのものがナシってのも考えられるね」
    (ё_ё)「どういうこと!?」
    (∂_∂)「先に入っててゲストを迎え入れたり、幕が開くとそこに立ってるとか」
    (ё_ё)「でも、あたしはお父さんと入場したいな!」

    facebookでシェア

    ブログ主のライブシネマ島田の撮影業務については、へ。主な業務範囲は関東です。結婚式・結婚披露宴・二次会の記録ビデオだけではなく、プロフィール・ビデオや当日の撮って出しライブ・エンド・ロールの作成も扱っています。
    クリックして応援をお願いします。
    人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ

    人前式~場所と進行役

    人前式の流れをひとつひとつ見ていく前に、全体のイメージを掴むために場所と進行役についても触れましょう。
    まず場所ですが、基本的に人を集められるところならどこでも良いわけですね。その昔に日本で御家庭に人々を招いての祝言をわが国の人前式のルーツと言う人もいますし(異論もあります)、気に入った場所さえあれば借りて挙げてもよいわけです。
    とりあえずホテルなどの式場を使う場合で見てみますと、

    1.披露宴会場で行う
    2.別会場で行う


    の二通りが考えられます。1の場合は、披露宴会場にゲストを招き入れたところで、まず式を行い、そのまま披露宴に進むというもので、特に宴内人前式と呼ぶこともあるようです(披露宴の中での人前式というイメージですね)。挙式を終えた新郎新婦がそのまま高砂について「さ、ここよりは披露宴です」とする場合もありますし、式後に新郎新婦はいったん退場して披露宴で再入場という場合もあります。
    2はチャペル(ガーデンチャペルを含む)を利用する方が大変多いです。実際、進行はキリスト教式と似通ってますから、特に不自然ではありません。キリスト教式用の聖歌隊やオルガン奏者が、歌と演奏を勤める場合もあります。また、ちょっとした会合に利用する小ホールなどで挙げることもあります。

    進行役は多くの場合は披露宴と同じ司会者が勤めます。会場側の司会者でも持ち込みでも、最近のブライダルの司会者なら、人前式は仕切れるものです。また御希望であれば式の司会のみ、別の方(腕に覚えのある御友人とか?)を立てることもできるでしょう。そのあたりは会場との御相談になると思います。
    ずいぶん昔に撮影した人前式で詳細を忘れてしまったのですが、牧師風の服装の司式者が執り行ったこともありました。いわゆるシビルウェディングミニスター(全日本ブライダル協会が認定したシビルウェディングの司式者)だったのでしょうか。今度同じ例に立ち会ったら、確認したいと思ってます。

    show&mii
    (ё_ё)「人前式であってもチャペルでのお式はアコガレね!」
    (∂_∂)「俺は映画館でやってみたいなあ…キートンの『セブンチャンス』とかのラストシーンを流してさ!」
    (ё_ё)「知らない、その映画」
    (∂_∂)「結婚式のハッピーエンドで、しかも無声映画だからさ。楽団も雇って、生演奏して貰って、映画が終わったところでそのまま演奏を盛り上げてもらって入場…なんてどう?」
    (ё_ё)「面白そう! たまには映画の話でも、役に立ちそうなこと言うじゃん」

    facebookでシェア

    ブログ主のライブシネマ島田の撮影業務については、へ。主な業務範囲は関東です。結婚式・結婚披露宴・二次会の記録ビデオだけではなく、プロフィール・ビデオや当日の撮って出しライブ・エンド・ロールの作成も扱っています。
    クリックして応援をお願いします。
    人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ
    ページ送り:


    このブログのバナー
    リンク文字列はこちら

    カレンダー
    12 | 2019/01 | 02
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    FC2プロフ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2ブログジャンキー

    「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。