FC2ブログ
    HOME > スポンサー広告 > title - ビデオ業者の選び方~提携業者と外部業者2HOME > 関連情報 > title - ビデオ業者の選び方~提携業者と外部業者2

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    facebookでシェア

    ブログ主のライブシネマ島田の撮影業務については、へ。主な業務範囲は関東です。結婚式・結婚披露宴・二次会の記録ビデオだけではなく、プロフィール・ビデオや当日の撮って出しライブ・エンド・ロールの作成も扱っています。
    クリックして応援をお願いします。
    人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ

    ビデオ業者の選び方~提携業者と外部業者2

    桑田佳祐さんのツアー中止、心配されてる方も多いと思いますが幸い癌はごく初期のものとのこと。治療に専念して元気な姿を見せて頂きたいですね。

    さて ブライダルの記録ビデオの式場提携業者と(私どものような)外部業者の違いについてのパート2です。

    撮影の制限

    業者の違いというより式場の方針の問題ですが、式場提携業者以外の撮影に厳しい制限を設けていることがあります。披露宴ではなく、結婚式でよく見かける例です。

    神社では、神殿内に提携業者以外の(写真もビデオも)撮影機材の持ち込みを一切禁じているところがあります。このような場所では、式の最中は全く撮れないか外から見える部分だけ撮るしかないか、どちらかです。
    前にも少し書いたのですが、普通の参拝者が見ることのできる正面からの位置で撮れないというのは相当矛盾を感じますが(参拝者が平気で式を小型カメラで撮ってることもあります!)神社の方針なら仕方ありません。言われるがままに従うしかないのです。
    それでも、神殿に向かう際の立派な参進を撮っておけば、よい思い出になるとは思います…。

    それにしても、撮影制限のある神社というのは外部の撮影業者としてその場にいるだけで、微妙な雰囲気を感じます。よそ様の(しかも写真カメラマンさんの)ブログで恐縮ですが、この話はすごくよく分かります。

    教会や式場内のチャペルでも撮影場所に制限があることは多いです。
    最も一般的な制限としてはバージンロードに入るのが禁じられます。次に祭壇上に上がることを禁じていることも多いです。
    ただこうした制限は式場提携業者にも同様に課せられることもあります。
    逆に制限がないからと言って(実際によく見かける光景ですが)式場提携業者がキリスト教式でバージンロード内に立ちはだかってガンガン撮っている様子はいかがなもんでしょうか? 以前も書きましたが本来のキリスト教式では、バージンロードに踏み込んではならないという制限などなかったのは事実です。しかし一般常識としてキリスト教式では、牧師(もしくは神父)と新郎新婦以外は新婦のお父様やリングガールなどそこを歩む役割を担った人を除いて、入れないものとされてますよね? 新婦に付きっきりの介添さんだって、入るのは見たことありません。でかいビデオカメラを持った人間が堂々とバージンロード内に立っているのは参列者からしても見苦しいと私は考えますので、このような制限には抵抗なく従います。というか、個人的に式場提携業者のカメラマンとして撮影したときも入らなかったぐらいです。
    (ちなみに私は、チャペル内の人前式撮影で制限がないときは、当の新郎新婦さんにバージンロードに踏み行っていいかを確認するようにしていて、OKが出た場合は必要なときのみ目立たないようにしゃがんで入って撮るようにしています)

    上記のような制限はそれほど大きな影響を及ぼしませんが、ちょっとツライのが、式場提携業者以外は席からの撮影しか許されない場合です。これはやはり映像の出来上がりに大きく左右します。特にキリスト教式はかなりの時間、新郎新婦は祭壇に向かっていますから、必然的に後ろ姿の多い映像となってしまいます(チャペルでの人前式の場合は前を向いてることが多いので、そこそこ良い絵が撮れます)。
    この件に関しての私の対処法は、チャペルで撮影する上でのポジションに関する記事に書きました。よろしければ御一読を願います。

    音質の違い

    式場が提携業者を勧める理由として、ビデオの音声を会場の音響係のミキサー卓から直接録音(ライン録りといいます)するため、外部業者よりも音がいいことを強調することがあります。
    これは裏を返せば「外部業者にはミキサーの音はあげません」ということなんですが(だから録音の制限ということもできるのですが)、確かにライン録りだとクリアな音になってスピーチや司会の声が聞き取りやすくなります。
    ですがこれは式場提携業者全てに言えることではないのです。実際、ライン録りをしない業者もいます。また逆に、外部業者でもライン録りをさせてもらえる例もあります(実際、私は御客様の要望で余興のオリジナルソング等の音楽演奏の部分のみライン録りをしたことがあります)。
    またライン録りができないならできないで、別個に録音用のレコーダーを使ったり、録音係を専門につけたりして、そこそこ音質向上の工夫をすることはできます。ただその場合はもちろん追加料金となりますので、お財布と相談…ということになってくるでしょう。
    ライブシネマライブビデオなども得意としている業者ですので、音にこだわる御客様には個別に御相談にのることはできます。

    show&mii
    (ё_ё)「持ち込み料を取られる上に制限もあるなんて、ちょっと納得いかないわね」
    (∂_∂)「つまり提携業者からは持ち込み料以上のマージンをとってるってことなんだよな」

    facebookでシェア

    ブログ主のライブシネマ島田の撮影業務については、へ。主な業務範囲は関東です。結婚式・結婚披露宴・二次会の記録ビデオだけではなく、プロフィール・ビデオや当日の撮って出しライブ・エンド・ロールの作成も扱っています。
    クリックして応援をお願いします。
    人気ブログランキングへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚・ブライダルへ にほんブログ村 恋愛ブログ 結婚式・披露宴へ

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    ページ送り:


    このブログのバナー
    リンク文字列はこちら

    カレンダー
    07 | 2018/08 | 09
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -
    FC2プロフ
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2ブログジャンキー

    「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。